MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

八代市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報

今後、どのような対応をすればよろしいか、有識者の方、是非知恵をお貸しください。 以下、基本情報。 購入した土地は50坪のほぼ正方形。 第一種低層住宅専用の住宅地域。建てた家は高さ8.2mの二階建て。 西側に市道幅6M。坂道のところの土地なので市道は南北に坂となっております。北側の家は土地が高く、南の土地は低くなっています。 建築した家は北側境界線より1,5m離しました。東は1,2m、南は庭+駐車場を設けたので約4M。西は約3M。 玄関は西側にあります。 北側の家:約50坪。2階建て(多分7M位の高さ)。 坂の影響で北側の家は私の土地より1,5m高い土地です。 南側1,2m、東2M、北3M位離れています。玄関は北側。 (北側の平屋家屋に気を使って南側に寄せて建てた経緯があるようです。) 南側の家:約45坪。北1M、南1M、西未確認、東4M二階建て。玄関は西側 土地は私の土地より約1,5m低くなっています。 気になる点 ・20年近く駐車場だった土地を購入し、それ場では日照も景観も非常に良かった。 ・北側の家はさらに北側の家に気を遣い、南側に寄せて家を建てた。 ・今回私が購入した土地は、北側の家の方が購入するチャンスがあった。しかし、価格の面で購入しなかった。 ・HMが日照の件で北側の家に説明しに行っていない ・HMのほうでは、建築基準法上問題がないため、特に何も対応できない ・市役所の建築部門に確認したところ「特に建築上問題がないので民法上での解決になるのでは?」と言われた ・家を移動させるには、基礎の解体と家の移動、基礎の作り直しを行うので、約1000万かかり、期間も2~3か月かかる。 ・私には住宅ローンを組んでいるのでこれ以上の借入できなく、1000万の費用は捻出できない。 ・北側の家の方は「先住権があり、日照権もあるので、裁判になったとしても、私が勝てるので、できれば争いたくない。30cmでもいいので南に移動してほしい」と直接言われた。 ・土地納入時、基礎が入ったと時、棟上げの時に「日照についてどうですか?」と直接聞きに行っています。 その時は「実際に家が建たないとわからない」と言われ、私も今の今まで問題がない認識でいました。 ・建築基準法には問題なく、建築許可も取れている物件です。HMの社労士の方や弁護士(無料)相談したところ、「建築許可が取れている以上、問題がない。こうなると北側の家の方が弁護士を立ててきて、民事裁判を起こしてもらうほうが早いかもしれない。そうすれば、起訴する前に、あきらめてくれるかもしれないですね。」と、同じような回答をいただいた。 新しい環境で安心して過ごせるよう、なんとか引っ越し前までに穏便に済ませたいのが本音です。 建築基準法、日照権、日影規制、先住権、北側斜線、市区町村の建築規制、防火構造など自分なりに調べてみたのですが、違法性があるとは思えなく、やはり「北側の方の生活水準を下げてしまったことによる損害」といった名目での損害賠償となるのでしょうか・・・。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 どうか、私の家族の新しい生活を円満に迎えることができますよう、皆様のお知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。